人前に出るとあがってしまう

「人前に出るとあがってしまう」

大勢の人々の前で話をする時、誰でも多少は緊張するものです。

アメリカの有名なロックシンガーである、ブルース・スプリングスティーンも、

コンサートでステージに登場する時、頭の中が真っ白になるそうです。

世界中で、数万人が集まるコンサートを何百回も行ってきた

「百戦錬磨」の彼であっても、緊張するのですから、

普段大勢の前で話をすることに慣れていない私たちが・・・

・緊張して、いつも体がコチコチになってしまう

・顔や手のひらに異常に汗を書いてしまう

・直前まで、何度もトイレに行く

・心臓がドキドキして落ち着かない

・声がうわずってしまう

ということは自然なことであると言えるでしょう。

人は多かれ少なかれ、「苦手だな」「恐いな」と思ってしまうものはあります。

しかしながら、

「嫌で嫌でたまらない!」

「このままでは人生楽しくない!」

と言うことであれば、話は変わってきます。

この豊田早苗のあがり症改善法をお読みの方は少なからず、

人前で話をするのが苦手なために、すぐに上がってしまい、

大事な場面で実力を発揮できない。

 

そのように考えていらっしゃるかと思います。